平素は、九州液化瓦斯福島基地株式会社の運営に関しまして、格別のご理解とご支援を賜り深く感謝申し上げます。

 当社は、1983年にLPガスの輸入・供給基地として玄海国定公園を望む長崎県松浦市福島町で操業を開始しました。以来、北米、中東、豪州など幅広い生産地からLPガスを輸入・貯蔵し、九州・沖縄方面を中心に安定供給に努めて参りました。
 2005年からは当社に隣接して誕生しました福島国家石油ガス備蓄基地の管理・運営業務を全面受託させていただいております。

 基地の運営にあたりましては、私たちの生活に欠くことのできない、環境に優しいLPガスを皆様に安定的にお届けすることを最大の使命と考え、「安全操業」と「環境保全」に全力を傾注しており、緊急時に備えましては国家備蓄ガスを迅速かつ機動的に放出するための活動等に取り組んでおります。加えて、2013年から敷地内に太陽光発電(1MW)を設置し、新たな取り組みをはじめております。

 「地元と共に」の経営基本方針のもと、皆様に信頼される基地を目指して精進してまいりますので、引き続きご理解とご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。